THKAnalytics

 

 

 

 

 

 

無料で使えるアクセス解析として人気の google Analytics(グーグル アナリティクス)ですが、もう少し使い勝手がシンプルと言うか管理画面が馴染みやすく、且つ、広告も表示されない無料アクセス解析は無いかと探したところ、見つかりました。

 

THK Analyticsです。

 

昔、使っていた「リサーチアルチザン」そっくりの管理画面。

「リサーチアルチザンライト」がオープンソース公開されていますが、それを元に作ってあるものでしょうね。

 

広告は、勿論、表示されませんし、解析データはリアルタイムで見る事が出来ます。

無料のアクセス解析ツールとして、ホームページやブログでどんどん使って行きたい感じです。

 

THK Analytics

 

リサーチアルチザンと同じ様に、アドセンスのクリック回数もしっかり解析結果に盛り込まれていますよ。

 

 

 

 

 

 

かなり使いやすい THK Analytics なのですが、サーバー設置型なので、PHPとデータベースが使えるサーバーが必要となります。

 

サーバーへの設置作業は、慣れないと少し面倒に感じるかも知れませんが、やってみると意外に簡単ですから、是非、チャレンジしてみて下さい。

 

このブログでおススメしているエックス・サーバーを例に設置方法をご紹介しますね。

 

 

THK Analyticsをエックス・サーバーに設置するやり方

 

 

まず最初に、エックスサーバーでデータベースを作ります。

 


●thk-analyticsのインストール先は、エックスサーバーを借りた時に使用可能となるドメイン ○○○.xsrv.jp の public_html の中となります。設定対象ドメインで、○○○.xsrv.jpを選択すます。

thk-analytics

 

 

 

 

 


●サーバーパネル画面の「データベース」~「MySQL設定」をクリック

thk-analytics

 

 

 

 

 

 

 

 

 


●MySQL追加で新しいデータベースを作成し、MySQLユーザー追加で新しいユーザー名を設定します。

thk-analytics

 

 

 

 

 


●任意のデータベース名を入力します。

gggと入力してみました。

文字コードがUTF-8になっている事を確認して下さいね。

そして、MySQLの追加確定ボタンをクリックします。

thk-analytics

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


●次に、MySQLユーザー追加画面で新しいユーザーIDとパスワードの設定を行います。

任意の文字列で決めて下さい。因みに、画面ではIDをsssとしてます。

そして、右下の確定ボタンをクリック。

thk-analytics

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


●このMySQLユーザーを本当に追加するか訊いてきますので確定ボタンをクリック。

thk-analytics

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


●MySQL一覧には、先程決めたデータベース名がでています。赤丸で囲んだ箇所をプルダウンし、先程決めたユーザーIDを選択→追加ボタンをクリック。

thk-analytics

 

 

 

↓   ↓   ↓

thk-analytics

 

 

 

 


●決めたユーザー名が設定されました。

 

 

 

 


エックスサーバー側での作業はここまでとなります。


 

 

次に、THK Analytics をインストールする作業です。

 

 

THK Analytics本体をダウンロードします。

 

THK Analyticsダウンロードページ

 

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると

thk-analytics-120と言うフォルダが現れます。

 

中身はこんな感じですね。

 

thk.analytics

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップロードするフォルダは

 

・core

・data

・thk

 

の3つ、それ以外は必要ありません。

 

要らないファイルは、そのままでも消してもどっちでも良いです。

 

 

○○○.xsrv.jp の中の public_html に、 thk-analytics-120フォルダごとアップロードします。

 

※アクセス解析したいサイトが複数ある場合、解析したいサイト数分だけ

thkフォルダが必要になります。

 

thkフォルダは任意に名前を変えられるので、解り易い名前を付けて増やして下さい。

私は、thk1 thk2 ・・・・という風に6個ほど作ってアップロードしました。

 

coreフォルダは中身が結構なデータ量で、私の場合、FFFTPでアップロードすると上手くいきませんでした。

 

filezillaはやっぱり良いですね、高速でしっかりアップロード完了。

 

次は、インストール作業です。

 

アップロードしたthk-analytics-120フォルダーへのパスは、

 

http://○○○.xsrv.jp/thk-analytics-120/となります。

 

そして、今回使うthkファイルは複数作っておいた内のthk1を使うので、

 

http://○○○.xsrv.jp/thk-analytics-120/thk1/

 

最後に、viewを付けます。

 

http://○○○.xsrv.jp/thk-analytics-120/thk1/view

 

これでアクセスすると、thk-analytics のインストール画面が登場します。

 

●次へのボタンをクリックします。

THK Analyticsインストール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

●必要事項を入力して行きます。

THK Analyticsインストール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ホスト名は、

サーバーパネル画面のデータベース~MySQL設定と進み、下の方へスクロールしたところで確認できます。

thk-analytics

 

 

 

 

 

 

 

 

赤で囲んだ箇所です。

THK Analyticsインストール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ユーザー名

●パスワード

●データベース名

 

これは、データベース設定時に決めたものを入力します。

 

●テーブルプレフィックスの箇所は、今回使うthk1としておきました。

 

そして、次へをクリック。


 

●サイト名ですが、アクセス解析するブログの名前をそのまま入れるとエラーが出ます。アルファベットで短めの名前でOKとなりました。

●URLはそのまま入力

●ここでのユーザー名とは、アクセス解析画面にログインする時のユーザー名です。

●パスワードもログイン時のパスワードとなります。

そして、次へをクリック。

thk-analyticsインストール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

●この画面が出ればインストール成功です。解析タグをブログに設置して下さい。

下の方にあるログイン画面へをクリック。

thk-analyticsインストール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

●ユーザー名とパスワードを入力してログインです。

thk-analyticsインストール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

ログインしてからやるべき事は2つ

 

1.「設定」~「アクセス解析設定」へ進み

setting ディレクトリのアクセス権 書き込み不可にする にチェックを入れる

 

2. 「Maxmind 」というサイトから「GeoLiteCity(Binary)」というファイルをダウンロードし、解凍したファイル「GeoLiteCity.dat」を「_data」フォルダの中へアップロードする

 

Maxmind 」へ

 

この2つです。

 


 

設置作業はやってみると簡単です。

この快適な使いやすさを、皆さんにも実感して欲しいと思います。

 

是非、お試しを。おススメです。